更年期偏頭痛サプリ

更年期の偏頭痛で悩んでいます

 

更年期になるといろんな症状が出てきますが、その中でもつらいのが更年期の偏頭痛です。

 

更年期障害には、ほてり、めまい、動機、冷え、頭痛、肩こり、腰痛、耳鳴り、息切れ、腹痛、頻尿、倦怠感、目のかすみなど様々な症状があります。

 

その中でも、女性はもともと偏頭痛のある方が多く、更年期になると偏頭痛で悩まされる方が多く、更年期の女性の7割に頭痛があるともいわれています。

 

偏頭痛を一時的に解消するためには、処方薬のロキソニンやカロナール、市販薬のバファリンなどでも改善はしますが、対処的なもので根本的な改善にはなりません。

 

更年期の偏頭痛で悩んでいる女性のこんな書き込みも知恵袋などにもあるようです。

 

  • 病院ではっきり更年期と診断されてはいませんが、更年期の症状(頭痛・耳鳴り・倦怠感)がでているので更年期と思います。数日前まで更年期の市販薬を飲んでいて、今、きれているのですが頭痛が酷くて。どうしても我慢できなければバファリンとか飲んでもきくのでしょうか?
  •  

  • 最近ズキズキした拍動を感じる片頭痛があり、いろいろネットでしらべたところ、更年期で女性ホルモンの減少から起こるものではないかと思いました。更年期の方、また更年期を体験したかたで同じような症状があるかたいますか?またどのように対処なさってますか?
  •  

  • 更年期障害の症状で悩んでいます。頭痛や胃の不調、動悸などはあったのですが最近それに加えて、睡眠障害、日中の酷い眠気と吐き気がでてきました…。酷いときは朝から1日横になっていますが眠れません。夜も睡眠薬を飲んで寝てるのですが何度も目が覚めたりでしっかりと睡眠がとれていない状況です。

 

 

偏頭痛がひどいと、吐き気やめまいなども出てきて動くことも辛くなってしまいます。

 

ロキソニンやバファリンを飲んで一時的に良くなっても、また同じように頭痛が起きるのではと考えると安心はできないですよね。

 

 

そんな更年期の偏頭痛に悩んでいる方に、市販薬ではなくサプリで頭痛を治すこともできるので、おすすめのサプリを紹介しますね。

 

市販薬は頭痛が起きてからの対処にしかなりませんが、サプリなら偏頭痛が起きないように予防することもできます。

 

更年期の偏頭痛を改善するサプリ

 

更年期の偏頭痛で悩んでいる方に、おすすめのサプリメントがあります。

 

 

『ずきしらずの実』というサプリメントは、一時的に頭痛に対処する市販薬と違って、体調的な改善をしてくれるので、根本的な偏頭痛の改善になります。

 

薬ではない植物由来のハーブサプリなので安心して飲めます。

 

 

ずきしらずの実の効果の特徴

 

そもそもの頭痛の回数が減る

頭痛が起きても前のような重さを感じない

 

 

頭痛が起きてしまう体調のリズムを崩さないようにすることと、もし頭痛が起きても楽にできる成分を配合しているので、根本的な偏頭痛対策になるようですよ。

 

2,970円
1ヶ月分
全額返金保証付き

 




 

 

 

その他にもハーブ+漢方のこんなサプリもありますよ。

 

ズキラック

 

 

3種類のハーブ成分+3種類の漢方成分+2種類の美容成分を配合した、女性向けのサプリで医療機関でもおすすめしている施設があり、女性誌にもよくとりあげられています。

 

1日当たり100円程度なので経済的に偏頭痛の予防ができます。粒状で飲みやすく、口に入れた瞬間のシナモンの香りでリラックス効果もあります。

 

2,980円
1ヶ月分
全額返金保証付き


 

更年期障害におすすめのサプリ

 

更年期になると、女性ホルモンの減少でほてりや動機といった様々な更年期障害と呼ばれる症状が出てきます。更年期障害の治療には、減少した女性ホルモンを補うホルモン療法がありますが、それ以外にも更年期障害のサプリもあります。

 

 

更年期障害のサプリの中でも、いま注目されているのが、女性ホルモンを補充してくれる役割をしてくれるエクオールサプリです。

 

ノムダスは、エクオールサプリの中でも初めての「体内でつくられるエクオールとその吸収力の高さ」に特徴があります。他のエクオールサプリに比べても、お手軽な価格なことも人気の理由のようです。

 

1,260円
1ヶ月分
全額返金保証付き

 




 

更年期の頭痛の原因

 

更年期に限らず、女性には頭痛持ちの方が多いですが、頭痛には主に2つのタイプがあります。

 

偏頭痛

 

偏頭痛は医学的には片頭痛と書かれるように、頭の片側が血管が脈打つのと同じくズキズキと痛む頭痛です。

 

何らかの原因で脳内血管が拡張すると、その周辺にある三叉神経が圧迫されます。三叉神経が圧迫されると、神経ペプチドという痛みの原因となる成分が放出され、血管の周りに炎症が起き偏頭痛が起きます。

 

脳内血管が拡張するのは、セロトニンの過剰放出が原因だといわれています。

 

 

へんずつうには偏頭痛と片頭痛という2種類の漢字がありますが、特に違いはありません。パソコンで変換すると大抵は偏頭痛が出てきますが、医学的には片頭痛と書くのが正しいようです。

 

 

緊張型頭痛

 

緊張やストレスが原因で、頭蓋骨を包む膜や筋肉が異常に収縮して起きる頭痛です。

 

肩こりや眼精疲労などで血行が悪くなることで、神経が締め付けられるような感じの頭痛が現れます。自律神経の乱れなども血管機能が正常に働くなるために頭痛の原因になります。筋肉の凝りをストレッチなどでほぐすことや温めることで血行を良くすると改善することもあります。

 

偏頭痛の治療薬

 

偏頭痛の処方薬には現在4種類の治療薬が使われます。

 

アセトアミノフェン

カロナール、コカールなど

 

非ステロイド性抗炎症薬

ボルタレン、ナイキサン、ポンタールなど

 

エルゴタミン製剤

クリアミン、ジヒデルゴットなど

 

トリプタン製剤

イミグラン、ゾーミッグ、レルパックス、マクサルト、アマージ

 

偏頭痛に効果が最も高いといわれているのがトリプタン製剤で、拡張した血管を縮小させ血管周辺の炎症を抑える効果があります。但し、トリプタン製剤の効果は個人差が多いともいわれています。

 

トリプタン製剤の主な副作用は、圧迫感、息苦しさ、吐気、眠気、めまいがあります。